ウエスタン・リーグ

ファームは5試合が中止、ソフトバンクが今シーズン初勝利

ホームベース

3月21日、プロ野球のファームは5試合が予定されていましたが、イースタンの3試合とウエスタンの1試合が雨で中止となりました。ウエスタン・リーグのソフトバンク対阪神の1試合のみが行われました。

中止となったカードは以下の通りです↓↓

日本ハムー西武(中止)鎌ヶ谷スタジアム
巨人ーヤクルト(中止)ジャイアンツ球場
DeNAーロッテ(中止)横須賀スタジアム
オリックスー中日(中止)オセアンBSスタジアム


1試合ですが、結果を詳しく見ていきましょう!
※記事内の敬称「選手」、「投手」は省略していますのでご了承ください

ソフトバンク 5-2 阪神(タマホームスタジアム筑後)

福岡ソフトバンクホークス対阪神タイガースの試合は、5-2でホークスが勝ちました。

ホークスがファーム初勝利


ホークスは先発のC.スチュワート・ジュニアが初回にヒットとフォアボールで1アウト一塁・三塁のピンチを招き、先制を許してしまいます。

1点ビハインドの6回裏、ホークスは1アウト三塁の場面で水谷瞬が犠飛を放ち同点とします。

つづく7回裏、三森大貴と増田珠のフォアボールで2アウトながら一塁・三塁とすると、代打・黒瀬健太が1ボールからの2球目をレフトスタンドに運び逆転に成功します!


8回に川瀬晃のタイムリーで5点目を奪い、リードを4点に広げました。

先発のスチュワートは2回1失点で降板し、3回から継投に入ります。
松本裕樹が3回、渡邉雄大と椎野新がそれぞれ1回、田中正義が2イニングを投げ、いずれも無失点に抑えました。

ドラ3位ルーキー・牧原巧汰が初打席初ヒット

そして、この試合に8番・捕手でスタメン出場したドラフト3位ルーキー・牧原巧汰が3回の初打席で初ヒットを放ちました!


牧原巧は1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、レフトへ弾き返しました。
記念のボールは手元に戻ってきたようですね♪

7回の守備から退きましたが、6回まで阪神打線を6回まで1失点に封じ、打撃は1安打1四球と上々のデビューとなりました。

敗れたタイガースは…


19日のウエスタン開幕から連勝していたタイガースは、この日も初回に中谷将大の適時二塁打で幸先よく先制しましたが、その後は得点に至らずでした。

先発の3年目・齋藤友貴哉が5回無失点、ドラフト3位ルーキーの佐藤蓮は1失点。3番手のベテラン・岩田稔が2イニングで4点を失ってしまいました。

22日はイースタン、ウエスタンともに試合はお休み。23日は広島カープと楽天イーグルスが今シーズンの初戦を迎えます!