ウエスタン・リーグ

【3/20結果】阪神がソフトバンクに連勝、中日の梅津が6回無失点

スコアボード

3月20日、昨日開幕したプロ野球ファームのウエスタン・リーグは前日と同じカードで2試合が行われました。

早速結果を見ていきましょう!
※記事内の敬称「選手」、「投手」は省略していますのでご了承ください

オリックス 2-7 中日(オセアンBSスタジアム)

オリックス・バファローズと中日ドラゴンズの試合は、7-2でドラゴンズが勝利しました。

試合の流れ


ドラゴンズは大野奨太の犠飛などで6回までに2点をリードします。7回にフォアボールと相手のエラーで1アウト満塁のチャンスを作り、山下斐紹、石垣雅海、代打・藤井淳志の3本のタイムリーヒットで5点を取って突き放しました。

中日の梅津は6回無失点

昨シーズン一軍で2勝をマークしている3年目・梅津晃大は6回無失点の好投。9回に3番手で登板したドラフト2位ルーキーの森博人が2点を失い完封勝ちはなりませんでしたが、今シーズンのファーム初勝利となりました。

敗れたバファローズは7回から登板した海田智行がフォアボールからピンチを招き、ビッグイニングにしてしまいました。

ソフトバンク 2-5 阪神(タマホームスタジアム筑後)※降雨コールドのため6回で終了

福岡ソフトバンクホークス対阪神タイガースの試合は、5-2でタイガースが連勝しました。

タイガース育成の小野寺がアピール

タイガースは初回、1番・江越大賀のヒット、2番・小幡竜平はフィルダースチョイスで出塁、3番・熊谷敬宥の四球でいきなり無死満塁のチャンスを作ります。4番・中谷将大のショートゴロの間に先制しました。

しかしその裏、先発の馬場皐輔が2アウトから三森大貴に二塁打を浴びると、リチャードにタイムリーを打たれ試合は振り出しに戻りました。

1-1で迎えた5回表、タイガースは江越のデッドボール、小幡と熊谷の連打で1アウト満塁とし、中谷のタイムリーヒットで勝ち越しに成功します。
つづく原口文仁の犠飛、小野寺暖のタイムリースリーベースでこの回4点を挙げました。


先発の馬場は5回1失点。
6回から登板した2番手の小川一平がリチャードにタイムリーを打たれ1点を返されますが、この回が終了した段階で雨が強くなり、コールドでタイガースが勝利しました。

連敗のホークスは…

ホークスは育成3年目となる先発の重田倫明が6回5失点。
重田は4回まで1失点に抑えていましたが、5回にデッドボールから満塁のピンチを招いて2本の適時打と犠飛で失点を重ねました。
四死球が4と制球面でも課題の残るマウンドとなってしまいました。

打撃では三森とリチャードがマルチ安打を記録。リチャードは2打点をマークしています。

ウエスタン・リーグは明日も同一カードで2試合が行われます。