楽天

マー君、涌井、則本…開幕投手は誰の手に?

ピッチャープレート

プロ野球は2月1日に春季キャンプがスタートし、3月26日の開幕まで1カ月半ほどになりました!

各チーム続々と紅白戦や対外試合がスタートしています。

今シーズン田中将大投手が8年ぶりに復帰して注目されている東北楽天ゴールデンイーグルスですが、開幕投手は誰になるでしょうか?

昨年までの実績をもとに予想してみます♪

昨年の実績なら涌井!

マー君の加入前であれば、プロ17年目の涌井秀章投手が当確だったのではないかと思います。
涌井投手は楽天移籍1年目となった昨シーズン、11勝4敗、防御率3.60を記録。
開幕から8連勝をマークするなど好調を維持し、4度目の最多勝を獲得しました。

涌井投手は西武で5回、ロッテで4回の開幕投手を務めており、9回中5回は勝利投手になっています!

もし開幕投手に指名されれば自身10回目。最後に開幕投手を務めたのが2018年なので3年ぶりの大役になります!

田中将大の開幕投手の可能性は?


1月下旬に電撃復帰が決まった田中将投手は、2月6日に沖縄・金武町で行われている一軍の春季キャンプに合流。
翌日の7日には早速ブルペン入りするなど、順調に調整を続けています。

田中将投手が開幕投手を務めれば2012年以来、9年ぶりです!

楽天にはその他にも2020年に開幕投手を務めた則本昂大投手、19年の開幕投手の岸孝之投手もいます!

則本投手は過去に6回、岸投手は3回も開幕投手を任されており、エース級が4人もいるというまさに激戦です…!

実績は充分、あとは実戦次第!

ここまで見てきた通り、実績だけみればどの投手が指名されても不思議はない状況です。

23日からはオープン戦が始まり、楽天は17試合が予定されています。
おそらく各投手3試合ほどは投げると思われるので、実戦の結果を見てまた予想したいと思います!

楽天の開幕戦は本拠地の楽天生命パーク宮城で北海道日本ハムファイターズと対戦します。

マー君の復帰登板は、やはり本拠地で見たいというファンの方が多いのではないでしょうか?

もしビジター球場での開幕ということであれば、ホーム開幕戦でマー君が投げるという可能性もありましたが…
開幕3戦目までに登板が見られる可能性が高いかもしれません!

投手出身の新監督・石井一久監督が誰を指名するのか…発表を楽しみに待ちたいと思います!