イースタン・リーグ

【3月23日結果】日ハム万波が3ラン、巨人ドラ5秋広がマルチ安打

野球場

3月23日、プロ野球ファームのイースタン・リーグは3試合が行われました。

ファーム初戦を迎えた楽天は岸孝之投手が先発し5回無失点。今シーズン初勝利となっています。
結果を見ていきましょう!

※記事内の敬称「選手」、「投手」は省略していますのでご了承ください

ロッテ 6-6 日本ハム(ロッテ浦和球場)

千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズの試合は、6-6の引き分けに終わりました。

万波が先制犠飛と3ランの活躍

日本ハムは初回、万波中正の犠牲フライで先制します。しかし1回裏に逆転を許し、6回にも1点を奪われ2点を追う展開となります。

7回表に難波侑平の適時二塁打で1点を返すと、8回に高濱祐仁のタイムリーで同点としました!

そして3-3で迎えた9回表、難波と宮田輝星の連打でチャンスを作ると、万波に一発が飛び出し勝ち越しに成功!!


その裏に3点を奪われ引き分けに終わっています。

昨季首位打者・加藤翔平の活躍でマリーンズが引き分ける


マリーンズは1点を追う1回裏に加藤翔平の2点本塁打で逆転。

その後勝ち越されますが、9回裏に無死満塁の好機を作り、加藤のタイムリーなどで同点に追いつきました。

延長戦に突入しますが両チーム得点には至らず、6-6でゲームセットとなりました。

西武 1-0 巨人(カーミニーク)

埼玉西武ライオンズ対読売ジャイアンツの試合は、1-0で西武が勝利しました。

佐藤龍世の適時二塁打でライオンズが先制


両チーム無得点の4回裏、ライオンズは呉念庭が四球で出塁すると、つづく佐藤龍世の適時二塁打で先制します。

その後は両チーム得点なく、ライオンズがカード初戦を制しました。

ライオンズ投手陣が好投


投手陣は昨シーズン6勝の松本航が5回無失点。球数は84球とやや多かったものの、3安打に抑えました。2番手の本田圭佑は4回6安打無失点でした。

巨人のドラ5秋広がマルチ安打


敗れたジャイアンツはライオンズの7安打を上回る9安打を放ちますが、得点を奪うことはできませんでした。
ヤクルトからトレードで加入した廣岡大志が3番・ショートで出場し4打数2安打を記録。ドラフト5位ルーキーの秋広優人は4番・指名打者で先発出場し、こちらもマルチ安打をマークしています。

ヤクルト 3-7 楽天(戸田球場)

東京ヤクルトスワローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合は、7-3で楽天が勝利しました。

イーグルス吉持亮汰が先頭打者ホームラン、岸孝之が5回無失点


イーグルスは初回、先頭打者の吉持亮汰が初球をライトスタンドに運び先制します。


その後は岡島豪郎と下妻貴寛のタイムリーなどで6回までに4-0とリードします。

8回裏に3点を返されますが、9回表に無死一塁・二塁のチャンスを作ると、岩見雅紀に一発が飛び出し突き放しました!


投手陣は先発の岸孝之が5回無失点。開幕に向けて順調な仕上がりを見せました!

イーグルスはファーム開幕戦を見事勝利で飾りました。

敗れたスワローズは…


スワローズは昨季4勝のスアレスが先発しましたが5回3失点。試合は作ったものの、オープン戦の成績も3試合で7.88となっており、不安の残る内容となってしまいました。
2番手の星知弥は4回4失点でした。

明日24日も同一カードの対戦が予定されています。