巨人

マー君vs坂本勇人、8年ぶりの対決が実現

東京ドーム

<3月20日・オープン戦|巨人 3-6 楽天・東京ドーム>

3月20日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対東北楽天ゴールデンイーグルスのオープン戦で、楽天の田中将大投手と巨人の坂本勇人選手の8年ぶりの対決が実現しました!

2013年以来、8年ぶりにイーグルスに復帰したマー君こと田中将大投手。
3月27日の開幕カード2戦目に先発が予定されており、この試合がオープン戦3試合目の登板となりました。

一方、ジャイアンツの坂本選手は腰のコンディション不良のため3月13日の試合を最後に試合出場がありませんでした。
この日の試合で、1週間ぶりに3番・ショートでスタメン出場しました!

結果を詳しく見ていきましょう♪
※記事内の敬称「選手」、「投手」は省略していますのでご了承ください

マー君vs坂本勇人、8年ぶりの対決が実現

1打席目:フォアボール

1回裏、ジャイアンツは1番・梶谷隆幸、2番・若林晃弘が倒れ、2アウト走者なしの場面で8年ぶりの対決が回ってきました。

結果は坂本がフォアボールを選んで出塁しました。


カウントは以下の通りです。

1.ファウル
2.ボール(外角低め)
3.ボール(ワンバウンド)1ストライク2ボール
4.ファウル
5.ファウル
6.ボール(外角低め)
7.四球

2打席目はセンターフライ

2回目の対戦は、4回裏に回ってきました。
0-0の4回裏、2番・若林が4球目を右中間スタンドに放り込みジャイアンツが先制。


田中はこの本塁打がこの試合初めて浴びたヒットでした。
つづく坂本は1ボール1ストライクからの3球目を打ち、センターフライに終わってしまいました。


5回表の守備から坂本が退いたため、この日の対戦は終了となりました。
坂本はマー君との対戦について、以下の通りコメントしています。

「マウンドでの立ち姿、マウンドさばきを見ていると純粋にかっこいいなという気持ちで引き込まれていきました。公式戦で対戦できることを楽しみにして次は打てるようにしたいです」

Twitter巨人情報@サンスポ@sanspo_giants

田中は7回1失点

この日の田中は7回を投げて被安打3、奪三振4、四球2、失点1と開幕に向けて上々の内容となりました。

試合は5回表に太田光の2ランホームランでイーグルスが逆転。つづく6回に鈴木大地と太田のタイムリーなどで4点を奪い、6-1とリードを広げます。

8回に登板した2番手の牧田和久が2点を失いますが、6-3でイーグルスが勝利しました。

交流戦での対戦は?

昨シーズンはコロナ禍の影響で中止となった交流戦ですが、今年は5月25日から各チーム18試合が予定されています。

ジャイアンツとイーグルスは開幕カードで激突。

巨人の本拠地・東京ドームで5月25日から27日まで3試合が行われます。

火曜日から木曜日なので、土曜日の登板が予定されている田中投手とは対戦はないかもしれませんが、楽しみに待ちたいと思います♪